資料の紹介

 企業情報システムの運用部門は、システム障害やパフォーマンス低下を避けつつ、システムを完璧に動かして当然と思われている。しかも、コストセンターとして、効率アップとコスト削減も求められる立場だ。

 こうした要求に確実に応えるための代表的なアプローチの一つが、システム運用管理基準「ITIL」準拠のITサービス管理ツールの導入である。しかし、ただ導入すれば効果が得られるわけではない。実際、IT管理ツールを導入したのに業務改善に結びついていないという悩みを抱えているIT部門も少なくない。

 本資料では、受け身体質の“残念なIT部門”から脱却して、ITサービスを能動的に提供する“理想のIT部門”に生まれ変わるためのアプローチを提案する。ITILを知ることはスタートラインになるが、ITIL準拠に惑わされることなく、自社の運用スタイルに合致するツールを選定することが重要だとしている。

 

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。