資料の紹介

 マイクロソフトが提供するオンライン会議システム「Skype for Business」はOfficeアプリとシームレスに連携できるのが特徴だ。オンライン会議で「PowerPoint」によるプレゼンテーション共有や「Outlook」のスケジュール連携など利点は多い。企業の内外すべてのユーザーがSkype for Businessクライアントで、ゲートウエイなどを必要とせずに直接接続できる“ネイティブ接続”が理想だ。しかし、すでに導入しているビデオ会議システムがある場合は相互接続できず、無駄になってしまうという問題がある。

 Skype for Businessと既存のビデオ会議システムの相互接続問題を解決するには、ネイティブ連携を可能にするビデオ会議ソリューションの導入が有効だ。これにより、オンプレミスサーバー環境やオンデマンドと統合されたハイブリッド環境にも対応する。

 本資料ではマイクロソフトのユニファイド・コミュニケーション環境に最適化されたビデオ会議ソリューションを解説。ビデオ会議製品とSkype for Businessとの統合で得られる利点を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。