資料の紹介

 オフィスでも公共施設でも無線LANは必須のインフラとなりつつある。しかし無線LANを導入していなければ、すぐに導入すればよい、というものではない。使用するユーザー数や建物の構造といった環境に合わせて最適化しないと「肝心なときにつながらない」とか「すぐに切れてしまう」といったトラブルが起きやすい。導入するなら「安定した無線環境」を提供することが重要になる。例えば、旅先でホテルを選ぶときに、無線LAN設備の有無は重要な選択肢だが、無線LAN設備の導入率が上がっているなかで、宿泊客がいざ使ってみてつながりにくいとなると、死活問題になりかねない。

 安定したサービスを提供するには、無線アンテナの指向や建物内の壁などの環境、接続端末の数など、つながりにくくなる状況を分析して解消する必要がある。そのためには無線のトラフィックを管理し、接続環境に合わせて個別に最適化できる無線LANソリューションの導入が有効だ。

 本資料では、安定した無線LANを提供するための最適化技術を解説。併せて、必要とされる無線LANコントローラーやアクセスポイントの管理機能など、つながりにくい環境を改善するためのソリューションを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。