資料の紹介

 企業情報システムを構築するにあたって、クラウドは有力な選択肢となっている。しかし、これまでオンプレミスで開発・運用してきたITシステムを外に出して、業者に預ける格好になるクラウドに抵抗感を抱く企業は今でも少なくない。

 サイバー攻撃が多様化・巧妙化する昨今、セキュリティ対策はますます重要になってきている。情報漏えい防止やコンプライアンスの観点から、データの保護・管理を強化することも欠かせない。ユーザーに対する迅速なサポートも必要だ。むやみにクラウドを導入して、こうしたことがおろそかになるようでは確かに問題だ。

 本資料では、ITシステムのクラウド移行を検討するシステム担当者の多くが抱く、セキュリティ面での漠然とした不安について、Q&A形式でわかりやすく整理して解説する。クラウドにも、オンプレミスにもそれぞれ長所・短所があるので、自社にベストな方法を慎重に検討することが大切だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。