資料の紹介

 メールはビジネスに必須のツールだが、きちんとした文章を書かなければという意識や、まとめて処理しようという姿勢から、返信が遅れがちだ。いわば重厚長大なコミュニケーションツールとなっているのである。それを補うリアルタイム性の高いコミュニケーションツールは、なんといってもチャットツールだ。

 ただ、チャットツールが万能というわけではない。たとえば、いったん送信したメッセージを削除できないといったツールは、セキュリティ的に問題がある。また、チャットに途中から参加したメンバーに過去の履歴が引き継げるかどうかもビジネス上の大きなポイントとなる。なによりの注意点は、コミュニケーションとタスク管理が一体化していること。たとえば、送信したメッセージをタスク化できると、各人のタスクを一元管理できる。

 本資料では、250名を越えるグループで導入し、業績向上をもたらしたチャットツールに関する事例を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。