資料の紹介

 「せっかく新しいツールを導入してワークスタイルを変革し、生産性を高めようとしたのに思ったようにいかない」。しばしば聞く話である。なかでも、マイクロソフトがOffice 365スイートで提供するコラボレーションツール「Skype for Business」は、手軽に導入できることもあって、こうした話題に上ることが少なくない。

 Skype for Businessの導入企業からよく聞く悩みのポイントは、おおよそ3つに集約される。一つめは「メールの量がほとんど減っていない」。二つめは「Web会議をしているときに画面がよくフリーズする」。三つめが、「社内のビデオ会議システムとつながらない」、である。

 本資料では、こうしたよくある悩みを解消するためのアドオンタイプのソリューションを紹介する。Skype for Businessと組み合わせることにより、少しの工夫でより使いやすいツールにすることができる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。