資料の紹介

 ワークライフバランスや在宅勤務など、新しい働き方への動きが加速するなか、企業情報システムのセキュリティ対策は、より困難なものになっている。社内だけでなく社外でもPCを使う場面が増えたことで、セキュリティの「境界」は格段に広がった。

 これらのリスクを低減する技術として、サーバー上でアプリケーションを実行し、パソコンにはデスクトップ画面のみを転送する「VDI(仮想デスクトップ環境)」がある。しかしVDIは、すべての処理をサーバー上で行うため、高性能で高価なハードウエアが必要になる。そのうえ、複数のユーザーがハードウエアを共有するので、性能が安定しないという課題がある。

 本資料では、データだけをサーバーに置き、パソコンのハードウエアですべての処理を実行することで上記の課題を解消する「データレスPC」という選択肢について紹介する。パソコンの紛失・盗難時にも情報漏洩のリスクがなく、標的型攻撃を受けたときもアカウントを停止すればデータを保護できる。VDIに比べてコストが「1桁違う」とするユーザー企業もある。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。