資料の紹介

 仮想化環境はあらゆる規模の企業に浸透し始め、業務に直結するシステムの仮想化も急速に進みつつある。業務システムを仮想化した場合、仮想化環境と共にデータもバックアップする必要があるが、仮想化環境に適したバックアップ体制を整備している企業はまだそれほど多くない。

 仮想化に関連する製品/サービスには様々なものがあり、異なる製品やクラウドサービスによる “異種混在”環境を運用している企業は多い。だが、このような環境でのバックアップとリストアは非常に複雑で面倒な作業になる。バックアップデータを遠隔地に転送している場合には、さらにデータ量の多さが回線を圧迫するという懸念も出てくる。

 本資料では、仮想化やクラウド環境におけるバックアップ/リストアの悩みを解決する手段として、イメージバックアップソリューションを紹介する。データブロックの重複を排除してバックアップデータの容量を削減することでストレージの利用効率を高め、遠隔地転送時の回線負担も軽減。データの重複が発生しやすい仮想化環境では、より高い効果が期待できる。ランサムウエアでロックされたPCの早期復旧にも役立つという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。