資料の紹介

 多くの企業がインフラストラクチャの仮想化を推進する中で、仮想マシンの増加とリソースの使用率が、システム管理者にとって大きな課題となっている。特に、複数の担当者が管理を分担しているようなサイロ化したインフラの場合、管理作業の複雑さは増す一方になる。

 従来のやり方では、仮想化インフラの計画から導入、インストール、構成、確認まで数カ月を要することもあった。迅速な導入を実現するには「ソフトウエアデファインドデータセンター(SDDC)」というアプローチもあったが、多くの企業や組織にとって「検討範囲外」の選択肢だった。

 本資料では、SDDCを一つの筐体内で実現するハイパーコンバージドアプライアンス製品について調査会社が検証した結果を、多くのグラフや操作画面例と共に紹介する。導入の容易さ、管理性、スケールアウト、パフォーマンス、信頼性、に焦点を当てて実施した。電源オンから20分で仮想マシンを作成、5分で新しいノードを追加できたという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。