資料の紹介

 “破壊的創造”が相次ぐ昨今の「デジタル変革」時代、ITの役割は大きく変化している。業務の効率化やセキュリティ強化といった、ビジネスを縁の下で支える存在から、ビジネスを生み出し、駆動させ、ビジネスの成否に直結する存在になった。

 これまでITシステムは、外部ベンダーが構築し、事業部単位で利用するケースが多かった。しかしこのやり方では、個別最適でサイロ化したシステムが社内に散在し、コストや時間の無駄が発生してしまう。デジタル変革の波に乗り遅れないためには、ITに知見があるIT部門が自らを変革し、企業をリードする存在になる必要がある。

 本資料は、IT部門が変革の一歩を踏み出すために適した「運用レス」という考え方と、組織の変革に必要な2つの具体的なアプローチ方法について詳しく解説する。変革には、リソースの確保、人材の育成などハードルは多いが、ITに関する知見を持つIT部門が自らを変革することで、デジタル変革をリードする戦略部門になり得るとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。