資料の紹介

 多くのベンダーが多種多様なクラウドサービスを提供している現在、自社に合ったサービスを探し出すのは、なかなか骨の折れる作業だ。こうした場面で、重要なチェックポイントの一つになるのが、オンプレミス環境との共通性である。

 クラウド環境でもオンプレミス環境と同じアーキテクチャ、同じ製品を使えれば、オンプレミスで培った技術をそのままクラウドで活用できる。オンプレミスで開発したアプリケーションをクラウドへ持っていくことも、クラウドで運用しているアプリケーションをオンプレミスに戻すことも容易だ。

 本資料では、こうしたニーズを満たせるクラウドサービスの具体例として、オンプレミスのWindowsアプリケーションとOracle Databaseをそのまま利用できるクラウドサービスを紹介する。この場合、IaaSに全てを載せずに、.NETアプリケーションはIaaS、データベースはPaaSと、組み合わせて使うことで、リソースの集約や運用工数の削減も図れる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。