資料の紹介

 戦略的なデータ分析が企業間競争を大きく左右する時代が到来した。モバイル端末やソーシャルメディアなどが普及した現在では、構造化データだけでなく、IoTやビッグデータといった非構造化データも収集し、リアルタイムにビジネスに役立てていくことが課題になっている。

 そんななか、これからの企業システムで重要性を増すといわれるのが、顧客と企業との接点を担う、「SoE(Systems of Engagement)」と呼ばれる部分である。SoEでは、先進技術や最新デバイスに柔軟かつ迅速に対応し、優れたユーザーインタフェースを用意することで、顧客の要求への柔軟な対応を可能にし、ビジネス上の成果を生む。

 本資料は、調査会社ITRが国内企業を対象に実施した、SoEとOSS活用に関するアンケート結果のレポートである。国内企業が最重要と考えるIT戦略上のテーマ、SoEの位置付けと重要性、OSSの利用実態、SoEの活用事例、人材やスキル不足への対応などについて詳細に解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。