資料の紹介

 ビジネスは今やIT無くして成り立たず、企業のITインフラ上では様々な業務アプリケーションが稼働している。だがこれらのアプリ群は、性能や可用性、拡張性、管理性などの要件がそれぞれ異なっているため、その全てを満足することは容易ではない。

 個々の業務アプリの要件に対応するためにITインフラを「サイロ化」すると、リソース使用率が低下して設備コストの無駄が増えるだけでなく、管理に多くの手間と時間を費やす羽目になる。仮想化環境を導入した企業も例外ではない。その多くが複数のハイパーバイザーに依存しており、ITインフラの複雑化と管理工数の増大を招いている。

 本資料では、サーバー、ストレージ、仮想化機能を統合することで、上記の課題を解決する「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」の例を挙げ、それがどのように課題を解消するかを、アンケート結果や構成図を交えて詳しく説明する。オンプレミスのITインフラが備える予測性能やセキュリティ、管理性に加え、パブリッククラウドの俊敏性と経済性、シンプルな運用性を併せ持ったITインフラを提供できるという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。