資料の紹介

 企業のビジネス現場にIT利用が浸透して久しいにもかかわらず、ITシステムに関するユーザーからの問い合わせや依頼に対しては、依然として、電話や書類という昔ながらの方法で、ヘルプデスクやシステム管理者が対応しているケースが少なくない。中でも多くの問い合わせが寄せられるのが「Active Directory(AD)」関連である。

 ADに関わるパスワード関連の問い合わせは、ヘルプデスクへの問い合わせの30%程度を占めるという調査結果もある。加えて、ADパスワードのリセット作業は、実は比較的簡単であるにも関わらず、そこに至るプロセスが複雑なため工数が膨らみがちだ。この作業を減らせば、担当者の負担は大きく減り、ビジネスに貢献するITサービスにもっと注力できるようになる。

 本資料では、ADパスワード管理にかかわる5つの課題を挙げ、これらの課題を解決できるツールを紹介する。パスワード管理をセルフサービス化し、ユーザーに作業の一部をゆだねることで、工数とコストを削減し、効率的なAD管理を実現する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。