資料の紹介

 企業がビジネス上の判断を下す場面で、データ可視化ツールによる分析が重要な役割を果たすようになってきた。「セルフサービス」を謳うクエリー(問い合わせ)ベースのデータ可視化ツールも数多く提供されているが、利用者が基本データモデルや分析方法を理解している必要がある。

 そのため、データ分析の専門家に環境を構築してもらった後、現場のユーザーが自らデータを分析しようとするとなかなかできない、というケースが多く発生する。ビジネスの現場が求めているのは、ユーザーの分析スキルの習熟度合に関係なく、膨大なデータに隠れている“真実”を見つけられるツールだ。

 本資料では、「連想モデル」という独自の機能により、ユーザーのITや分析スキルに関係なく、データに隠されたストーリーを探り出せるよう支援するデータ分析ツールを紹介する。ユーザーはさまざまな角度から問い合わせを投げかけることで、データ内に存在する関連性を探索できるという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。