資料の紹介

 ITを経営の武器と考える企業が増えてきたのは、データの爆発的な増加という背景がある。先進的な企業や経営者は、モバイルやSNSから生まれる非構造化データを含む膨大なデータを的確に活用することで、自社製品やサービスに付加価値を持たせ、収益を向上させることに成功している。

 こうした「攻めのデータ活用」には、大量データを高速処理できる分析や開発の基盤が欠かせない。その鍵となるのが、オープンソースソフトウエア(OSS)が提供する先進技術である。変化の激しい現代のビジネスニーズに応えるためには、プロプライエタリなツールでは間に合わないという現実の要請があるからだ。

 本資料では、攻めのデータ活用に向けたOSSの活用方法や、OSSをベースとしたIT基盤の選定・導入ポイントを紹介する。データ活用に不可欠な3つのOSSを挙げ、これらを活用した攻めのシステムを、どのようなインフラで構築していくべきかについて考察する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。