資料の紹介

 x86サーバーで構築したデータベースシステムは、3~5年のサイクルでハードウエアを更新するのが一般的だ。だが、そのたびに数週間~数カ月をかけてシステムを構築するのでは時間の面でもコスト面でも非効率だ。

 また、システム構築にあたって、開発やテストのための環境を本番環境に統合すると、業務に支障が出る恐れがある。独立した開発・テスト環境を用意できれば理想的だが、主にコスト面から実現が難しいケースも多い。

 本資料では、多くの企業や部門が直面するこのような課題に対する解決策として、ハードとソフトを最適化、セットアップまで済ませたオールインワン型の高速「Oracle Database」専用機を提案。スペック情報や機能・性能面での工夫、ライセンス体系などを紹介する。最新版では「Oracle Standard Edition」も選べるようにし、導入コストの大幅な低減を可能にした。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。