資料の紹介

 デジタルテクノロジーがビジネスをけん引する昨今、企業のIT組織は2つの任務を担うようになった。一つは既存システムを安定的に運用してデータを脅威から保護すること、もう一つは最新のテクノロジーを使ったビジネスを迅速に立ち上げることである。

 後者に適した方法論として、ソフトを素早く継続的に開発・提供するための「アジャイル(Agile)開発」、開発および運用担当が連携して協力し合う「DevOps」がある。Agile/DevOpsについてはこれまで、導入を見合わせる企業が少なくなかったが、ここに来て、これらを支えるテクノロジーとツールが成熟してきている。

 本資料では、日本企業がAgile/DevOpsを実践するにあたっての課題を整理し、ベストプラクティスを考察。併せて、迅速かつ柔軟、拡張性も備えたシステム開発を実現するための有力な選択肢として「プライベートPaaS」を提案。銀行や自動車メーカー、通信事業者の実際の取り組みも紹介する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。