資料の紹介

 企業がデータ分析に取り組む際には、データの取得に始まって、クレンジング、可視化、分析、結果共有など、多くのプロセスが必要になる。現場のユーザーが直接、自由にデータ分析できれば、業務スピードアップや新規事業の強化など、大きな効果が期待できるが、多くの場合、二つの障壁に悩むことになる。

 それは、データの準備や試行錯誤に時間がかかること、そしてユーザーに統計知識が不足していることだ。かと言って、分析をIT部門に依頼するとなると、IT部門の負荷が増すだけでなく、申請などの手続きに時間がかかってしまい、ビジネス機会の損失につながりかねない。

 本資料ではこのような問題の対策として、現場のユーザーが自由に、様々な角度からのデータ分析を実行できるように設計されたセルフサービス型のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを紹介する。お薦めのグラフ形式を複数表示、そこから選ぶだけでデータを視覚化できるなど、統計に詳しくなくても使えるよう工夫した。インメモリー技術により、快適な応答性も実現しているという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。