資料の紹介

 企業が市場優位性を維持するには、いわゆる企業努力に加えて、変化に対応するための様々なイノベーションが不可欠だ。特に最近、技術の急激な進歩により、非構造化データからも有用な知見が得られるようになったことで、企業にとってデータ活用はより重要な役割を担うようになってきた。

 だが、企業が競争力の強化につながる知見を得られるかどうかは、分析するデータをどれだけ豊富に確保できるかに強く依存する。そのため、データ活用の先進企業がここ数年注目しているのが、非構造化データを含む多種多様なデータのリポジトリである「データレイク」だ。

 本資料はIDC Japanのアナリストによるレポートである。まず、企業がイノベーションを実現して競争力を維持・強化するうえで、なぜデータ分析力の強化が必要になるのかを改めて整理。データレイクという新しいアプローチについても詳しく解説したうえで、データ分析力の強化と関連の深いストレージ製品や関連サービスの賢い活用方法を考察する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。