資料の紹介

 企業の懸命な取り組みにもかかわらず、サイバー攻撃の被害はその件数、規模、深刻度のすべてにおいて増大の一途をたどっている。今や、産業界全体がセキュリティ対策について再検討を迫られている状況だ。その要になるのが、セキュリティの運用に関する従来の前提条件と信用モデルの抜本的な見直しである。

 ルールやシグネチャでマルウエアを識別する従来のセキュリティ対策では、ゼロディ脆弱性を狙う昨今の攻撃を防ぐことはますます難しくなった。さらに、社員が自分のデバイスを業務で使う、外部のスタッフが社内のITリソースにアクセスする、といった可能性も十分あるなかで、「社員だけを信用する」という従来のモデルはもはや機能しない。

 新しいセキュリティ戦略は、「マルウエアによる侵害はもはや回避できない」という前提に基づくべきである。侵害の防止に加えて、内部的な検査と抑制をもっと強調する必要がある。本資料では、こうした取り組みを支えるセキュリティ導入の新しいモデル「セキュリティ配信プラットフォーム」について解説。構成要素やメリットを紹介する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。