資料の紹介

 企業のビジネスを支えるオンライントランザクション処理をはじめ、競争力の源泉となるデータウエアハウスやインメモリー分析などはすべて、データベースを核として実行する。そのため、高パフォーマンスのデータベースシステムは、昨今のすべての企業にとって優先度の高い要件となっている。

 さらに、ビジネスを支えるのに十分な高可用性も備えたデータベースシステムを実現するには、データベースサーバー、ストレージサーバー、ネットワークなど様々なコンポーネントについて綿密な調整やテストが不可欠だ。そのため、導入には数週間から数カ月の時間と高度なノウハウ、相応のコストが要求される。

 本資料では、こうした課題の解決策として、必要なハードやソフトを組み合わせ、調整やテストまで済ませて提供することで短期稼働を実現する「オールインワン」型のデータベースシステム製品の最新版を紹介する。ディスクI/Oの低減や単一障害点の排除など、性能や可用性、運用効率を高める様々な工夫や各モデルのスペックを、コンパクトに図解した。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。