資料の紹介

 多くの企業が今、パッケージなど既成のアプリケーションのクラウド化を急ピッチで進めている。クラウドサービスプロバイダ各社もこれに応え、基幹系システムを稼働させるための機能を装備した堅牢なプラットフォームを提供している。だがその一方で、独自に開発したカスタムアプリケーションのクラウド移行に苦労している企業が少なくない。

 企業は一般に、数百にのぼるカスタムアプリケーションを保有しており、その多くは、孤立したレガシープラットフォームで動いている。従来のクラウドサービスの多くは、ハードウエアやソフトウエアの複雑性を解消するが、こうしたアプリの移行問題についての解決策にはなりにくい。

 本資料では、この難題を解決する手段として、近年注目を集めている「aPaaS(Application Platform as a Service)」のソリューションとその技術概要を紹介する。データモデルを定義するだけでアプリケーションを自動生成する開発環境と、拡張性の高い実行環境を備えたアプリケーションプラットフォームである。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。