[画像のクリックで拡大表示]

 「ちょっとしたアプリがあれば、業務が効率化するのに……」。そうした思いを抱いている現場の担当者は少なくないはずだ。しかし、多くは予算の関係などで諦めてしまう。業務アプリケーションを手軽に内製化できるツールへの期待感が高まるのはこうした背景がある。

 グレープシティが2014年10月に提供を始め、話題を集めているのがExcel感覚でWebアプリケーションを手軽に開発できる「Forguncy(フォーガンシー)」だ。Excelには表計算の枠を超えた機能も多く、様々なビジネスシーンで活用されている隠れた万能ツールでもある。なかでも、セルを方眼紙状にしてきめ細かい帳票を作成・編集する「Excel方眼紙」の手法による業務の効率化はよく使われている手法だ。ただ、こうしたExcel方眼紙は、データが複雑になるため、改修ができず、データが属人化してしまうという問題がある。

 そうした問題を解消し、業務アプリ開発にExcel方眼紙のノウハウを生かすというのがForguncyのコンセプトだ。これまでもExcelにアドオンする開発ツールはあったが、開発ツールとしては使いにくいというのが一般的な評価だ。ForguncyはExcelの使い勝手はそのままに、業務アプリ開発ツールとしてのパフォーマンスを提供している。

 Excelのレイアウト機能や書式設定機能のほとんどを実現できるほか、323種類のExcel関数を再現。Excelファイルを読み込んでのページ画面作成やデータベース構築はもちろん、Excel資産を業務アプリに変更していくことも可能になる。

 Excelと同等の操作性でありながらエビデンスはWebアプリとなるため、マルチユーザー、マルチデバイスでの利用が可能となるだけでなく、ユーザー管理やログイン機能も持っているため業務アプリとしての展開にも手間がかからない。

 なおForguncyは、ITpro EXPO 2014にも出展され、見事、ITpro EXPO AWARD 2014「ITmediaエンタープライズ賞」を受賞している。

ポイント

特徴
●Excelの操作性を再現した業務アプリケーション構築ツール
●VisualStudioベースやExcelのアドオンツールではなく、独自のWebアプリ開発プラットフォーム
●業務改善につながるちょっとした業務アプリの内製化を実現
●Excel名人に使いやすい、セルを方眼紙状にしたレイアウトを実現
●Excelのレイアウト機能や書式設定機能をほぼ実現するほか、Excel関数323種を再現
価格
開発ライセンス 3万9800円(税別)~