『自動運転車向け半導体"品質革新"を実現するソリューション』
ビッグデータ解析と機械学習を活用して安全性・品質・信頼性を向上

 クルマの電動化と電子化が加速するなか、車載電子機器の品質は、クルマ全体の価値に大きく影響します。ADASのさらなる進化やEV化の進展、自動運転の実現に向けて車載電子機器はますます複雑化しつつある一方で、品質と生産効率向上への要求は強まる一方です。さらに近い将来、完全自動運転が実現するとクルマの稼働率が飛躍的に高まり、車載電子機器にはケタ違いの高い信頼性が求められることは必須といえます。

 半導体産業や自動車産業における生産ラインでのビッグデータ収集・解析ソリューションを提供するOptimal Plusでは「自動運転車向け半導体の“品質革新”を実現するソリューションとは」と題したセミナーを開催します。

 クルマの安全性・信頼性の向上に向けて、生産ラインからの情報を元にいかに車載電子機器の品質を造り込み、かつ生産性を高めていくか。ビッグデータ解析と機械学習を活用して安全性・品質・信頼性を向上する手法について、最新動向を交えてご紹介いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時2019年7月12日(金) 14:00 ー 18:20 ※セミナー終了後、懇親会あり
会場大崎ブライトコアホール(東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F)
主催Optimal Plus Japan
定員100名
受講料無料
備考本セミナーは、自動車メーカー/自動車部品メーカー/車載電子機器メーカー/自動車向け半導体・電子部品メーカー/生産設備機器・装置メーカーの方を主な対象にしております。主催社と同業企業の方の登録はご遠慮ください。お申込み多数の場合は抽選となります(抽選の場合、受講当選結果の通知は開催1週間前までを目安にセミナー事務局よりお送りいたします)。予めご了承ください。

プログラム


14:00 – 14:05

開場


14:05 – 14:10

「オープニングトーク」

OptimalPlus Japan
President
佐藤 憲二 氏


14:10 – 14:40

「“CASE革命”が起こす自動車産業の地殻変動と車載半導体に求められる品質の革新」

オートインサイト
鶴原 吉郎 氏


14:40 – 14:55

休憩


14:55 – 16:05

「How big data analytics can take efficiency and reliability in automotive manufacturing to the next level.」

Optimal Plus
VP Research & Development
Uzi Baruch 氏


16:05 – 16:35

「自動運転社会実現に向けたソニーの取り組み」

ソニーセミコンダクタソリューションズ
副社長 Mobility & IoT Solutions 担当
大村 隆司 氏


16:35 – 17:05

ゲストスピーカー登壇予定


17:05 – 17:25

休憩


17:25 – 17:55 

登壇者によるパネルディスカッション


18:20-20:00

懇親会


ご注意

※講演者や講演時間など、プログラムは予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。
※お申込み多数の場合は抽選となります(抽選の場合、受講当選結果の通知は開催1週間前までを目安にお送りいたします)。予めご了承ください。