データ活用時代に改めて考える BCPセミナー

 東日本大震災から8年、当時整備されたバックアップやディザスタリカバリー環境に関して、環境維持に大きな負担が掛かっていたり、また、首都圏直下型地震などのリスクも叫ばれる中で、今後の方向性が決まらず、困っていらっしゃるお客様も多いのではないかと考えております。

 企業の持つデータの重要性が益々上がり、大事なデータをどのように保管し、そのデータをどのように活用することが出来るのか、そのヒントをデータセンターファシリティ、ハードウェア、サービスそれぞれの観点で事例を交えてご紹介致します。

開催概要

日時2019年4月25日(木)15:30 - 19:30(受付時間15:00)
会場 トラストシティ カンファレンス・丸の内
主催日本ヒューレット・パッカード
定員60(定員となり次第、受付を終了させていただきます)
受講料無料(抽選制)
備考※本セミナーは抽選制とさせて頂きます。抽選の結果は、開催2日前までに、ご登録頂いた電子メール宛てにご連絡いたします。
※受講のご案内は、主催者の日本ヒューレット・パッカードより直接受講者の皆様に送付します。

プログラム


15:30-15:35

ご挨拶

日本ヒューレット・パッカード
執行役員
エンタープライズアカウント営業統括本部
統括本部長
佐藤 真人 氏


15:35-16:05

データ活用、無理なく無駄なくやっていくためには?

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括 クラウドプラットフォーム統括本部
ソリューションアーキテクト
齋藤 豪 氏

様々な先進技術が台頭する一方、サイロ化したシステムが生むギャップとストレスも蔓延しています。
せっかく溜めたデータを有効活用するためにも、無理なく新技術を活用する方法を、“HPE Synergy”を軸にユースケース交えてご紹介します。


16:10-16:55

確実にやってくる大地震に対して、今後の防災対策のあるべき姿

東京大学教授
専門:都市震災軽減工学、国際防災戦略論
目黒 公郎 氏

現在、わが国は大地震が頻発する時期に入っています。今後30年~50年程度の間に、M8クラスの地震が4、5回、M7クラスの地震は40~50回、我が国を襲います。その被害は最悪の場合、直後被害で300兆円を超え、20年間の経済損失は約2,200兆円になると試算されています。このような中で、わが国の企業が実施すべき防災対策に関して解説いたします。


16:55-17:35

DRサイトにもAIシステム設置にも最適なデータセンターの選び方

データドック
営業本部 営業部
後藤 崇洋 氏

南関東直下地震・南海トラフ地震といった、巨大地震のリスクが叫ばれる中、首都圏企業のDR(ディザスタリカバリ)ニーズに応えるデータセンターとは?
GPUサーバー等で構成されるAIシステムの設置運用ニーズに応えるデータセンターとは?お客様の活用事例や選定ポイント、勘所などを交えてご案内いたします。


17:35-18:05

バックアップ容量半端ないって! 災害対策含めた最適なバックアップ環境とは?

日本ヒューレット・パッカード
Pointnext事業統括 OSソリューション推進本部
吉田 憲吾 氏

データ量の爆発的増大が叫ばれている今、バックアップ容量半端ないって!状態の企業も多いはず。
しかし直接的に売上に貢献できないバックアップ環境に多額のコストはかけられません。
オンプレミス型従量課金サービス「HPE GreenLake Backup」であれば、DR対策含めたバックアップ環境の最適化が可能です。


18:05-18:10

クロージング

データドック
執行役員
営業本部 本部長
竹之内憲 氏


18:10-19:30

懇親会


ご注意

日本ヒューレット・パッカード株式会社及び共催社の競合となる企業様からのお申込みは、お断りをさせていただきます。

目黒 公郎 氏
東京大学教授(工学博士)東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学研究センター長、同大大学院情報学環総合防災情報研究センター教授兼務
専門は都市震災軽減工学、国際防災戦略論。研究テーマは、構造物の破壊解析から防 災の制度設計まで。「現場を見る」「実践的研究」「最重要課題から取り組む」がモットー。途上国の防災立ち上げ活動にも数多くかかわる。日本地震工学会会長、地域安全学会長、日本自然災害学会副会長、内閣府本府参与、中央防災会議専門委員他、多数の省庁や自治体、ライフライン企業等の防災委員を歴任。