経営環境が厳しさを増す中、IT投資にも「ビジネスへの貢献」が強く求められています。そのためには技術の進化を取り入れたインフラを短期間で整備しなくてはなりません。

 その切り札となっているのが「ハイパーコンバージド」という統合インフラです。最新技術の粋を詰め込むことで、以下のような効果を提供できます。

  1. システム運用現場の負荷軽減
  2. 信頼性の向上とデータ堅牢性の担保
  3. データ圧縮や柔軟な構成によるコスト削減

 本ウェブセミナーは、ハイパーコンバージドインフラが企業にもたらす価値を紹介します。導入企業の負荷軽減手法やデータトラブル回避策、コスト削減手段を端的に理解できるでしょう。最強のインフラを整えたい企業に大きなヒントとなるはずです。

開催概要
日時2019年1月31日(木) 11:30~12:15
会場オンライン
主催日本ヒューレット・パッカード
協力日経 xTECH Active
受講料無料(抽選制)
※本セミナーは抽選制とさせて頂きます。抽選の結果は、開催2日前までに、ご登録頂いた電子メール宛てにご連絡いたします。
※受講のご案内は、主催者の日本ヒューレット・パッカード(hpe_jp_webcast@hpe.com )より直接受講者の皆様に送付します。

がっかりしないハイパーコンバージドの選び方
~HPE SimpliVityが提供する価値~

毎年成長を遂げ、広く浸透しつつあるハイパーコンバージド。多様なお客様、用途で利用される一方で「がっかりした」という声も聞こえてきます。本セミナーでは、実績や事例の情報も交えながら、がっかりしないハイパーコンバージドをご紹介させて頂きます。

齋藤 豪
日本ヒューレット・パッカード株式会社
クラウドプラットフォーム統括本部クラウドソリューション本部 ソリューション開発部
齋藤 豪 入社以来一貫して金融業界のお客様担当としてサーバー製品の提案活動を行い、以降HCI/コンポーザブルインフラといったHPE戦略製品を中心としたソリューション開発・提案活動に従事している。
ご注意

※本セミナーは抽選制とさせて頂きます。抽選の結果は、開催2日前までに、ご登録頂いた電子メール宛てにご連絡いたします。

※受講のご案内は、主催者の日本ヒューレット・パッカード(hpe_jp_webcast@hpe.com )より直接受講者の皆様に送付します。