働き方改革が官民の重要なテーマになり、企業の課題である長時間労働の是正や労働生産性の向上、柔軟な働き方の実現などに向け、様々な取り組みが続けられている。

 働き方改革の取り組みとして、ノー残業デーなどの徹底を通じて労働時間の短縮と業務効率化を推進したり、モバイルやITを活用したりすることにより、社員の生産性向上とワークライフバランスに取り組む企業も多い。

 長時間労働の是正では、こうした施策の導入の一方、日々の業務の中で作業のムダ、時間のムダがないかよく考えたい。例えば日々の業務に欠かせないプリント作業。会議の資料や報告書、顧客への提案書、業務マニュアルなど、企業では用途に応じて様々な文書を大量に印刷している。

 だが、このような経験はないだろうか。「明朝、急な会議があり、その資料を印刷するため残業になってしまった」「せっかく資料を印刷し終えたのに、資料の追加や修正で印刷からステープルまでやり直しになり、他の業務ができなくなってしまった」……

 プリント作業の効率化を実現するのは、そう難しいことではない。例えば、これまで20分かかっていた印刷時間を5分にできれば、生産性は4倍になる。印刷時間を短縮すれば、その分、その人の本来の業務に専念できることになり、生産性が向上する。これも立派な働き方改革だ。

 その実現方法はいたってシンプルだ。高速プリンターを導入しさえすればいいのだ。そして、働き方改革に役立つプリンターとして注目されているのが、理想科学工業の「オルフィスGD」だ。

※世界最速:オルフィスGD9630プレミアム/GD9630/GD9631の場合。A4普通紙片面横送り、標準設定連続プリント、GDフェイスダウン排紙トレイ使用時。2018年3月現在販売の枚葉(カット紙)オフィス用カラープリンターにおいて世界最速(理想科学工業調べ)。
オルフィスGD9630 (写真はオプションのスキャナーやオフセットステープル排紙トレイを接続)

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。