注目のRPAのメリットをさらに大きくするには

 就労人口の減少や働き方改革の推進などを背景に、社内の単純作業をより効率的、かつ正確に行うための手段としてRPA(Robotic Process Automation)に注目が集まっている。これまで人手で行っていた作業をソフトウエアの「ロボット」によって自動化することで、人的リソースの最適化に加え、人手による作業ではどうしても避けられないミスを排除し、作業品質の向上も期待できる。

 

 中でも特に期待が大きいのがデータ入力作業の自動化、さらにロボットを内製する試みだ。

 いうまでもなくデータ入力はRPAが得意とする作業領域の1つ。大きな成果が期待できるが、社内にある入力作業は1つではない。システムの数だけといっても過言ではないほど、膨大な数の入力作業がある。それらをロボット化していく上で、その都度SIを依頼しているとコストが膨らみ、十分なスピード感も得られない。一方、セルフ開発が可能なら、最小限のコストでスピーディーにRPAの成果を拡大していける。

 もちろん、そのためには、自社のスキルレベルとRPAツールの特性を見極めた慎重な製品選定を行うことは必須である。いかに高機能なツールでも、使いこなすのが難しければ、セルフ開発は望めず、ともすれば投資がムダになってしまうという懸念もある。

 

 加えて、ツール選びに成功したとしても、実際にセルフ開発にチャレンジしていく中では、シナリオ作成にかかわる作業負荷など、陥りやすい落とし穴も存在する。

 以下では、セルフ開発型のRPAツールの活用に関する課題、およびその克服方法について見ていく。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。