既存のインフラでは解決できない課題がある

 「クラウドファースト」という言葉が示す通り、クラウドは企業ITのインフラにおける有力な選択肢の1つとなった。特に新サービスの開発をはじめ、デジタルトランスフォーメーションに取り組む企業にとっては、クラウドの持つ柔軟性や拡張性は欠かせない。

 一方、企業内にはクラウドへの移行が難しい、あるいはクラウドでの運用を避けたいシステムも存在する。重要データを持つシステムや、自社の定めたポリシーに沿ってサービスレベルを確保したいシステムなどだ。従って、ほとんどの企業はクラウドかオンプレミスかをシステムごとに選択して利用することになるが、どちらにも課題はある。

 まず、オンプレミスには何年かの使用期間とビジネスの成長を見込んだ初期投資が必要となる。新規ビジネスのためにITインフラを構築したものの、ビジネスがうまくいかず、投資がムダになることも考えられる。一方、クラウドは大きな初期投資を回避できるが、セキュリティやネットワーク遅延など様々な検討が必要となる。

 だが、ここに新たな選択肢が浮上しているのを知っているだろうか。

 IT専門調査会社であるIDC Japanの森山 正秋氏によると、柔軟性や拡張性を高めたいというクラウドに対するニーズと、自社のポリシーで運用したいというオンプレミスに対するニーズを両立できる「第3の選択肢」があるというのだ。実際、既に利用を開始している企業もあり、今後、市場は急拡大するとみているという。

 たしかに、オンプレミスで運用しているインフラもクラウドのような高い柔軟性や俊敏性を備えていれば、言うことはない。逆にクラウドもオンプレミスのように安心して利用できれば、より活用範囲は広がる。

 だが、そんな「いいところどり」のような都合のよい選択が本当に可能なのか。従来型のオンプレミスでもクラウドでもなく、両者のメリットを両立できる新しいインフラの選択肢とは、どのようなものなのか。次ページからは、サービスの全容と既に活用を開始しているユーザーの事例を紹介していく。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。