攻める情報システム部門が備えるべき素養とは

 情報システム部門のあり方が改めて問われている。日々のシステム運用・保守などだけでなく、より能動的な働きかけによって、自社のビジネスに直接的に貢献できる組織になることを求められているのである。

 では、そのような「攻める」情報システム部門を目指すには、どのような素養が求められるのだろうか。

 例えば、AIやIoT、ビッグデータなどをどう活用してビジネスをどう変革するか。その道筋を示す「提案力」を求める声は多い。加えて、ぜひ強化したいのが「内製力」である。

 既に企業内には、基幹システムをはじめとする様々なシステムが構築され、多くの業務を支えている。しかし、実際の業務の現場を見渡してみると、それらのシステムだけではカバーしきれない、細かなシステム化のニーズが散在している。

 特に顕著なのが、Excelをベースに行っているような業務だ。具体的には、案件管理、契約管理、問い合わせ管理、不具合情報管理といった記録、管理系の業務である。

 これらの業務は、実は様々なムダを抱えている。Excelファイルによる運用のため、ファイルの更新や共有に様々な配慮が必要となるほか、検索性も十分ではなく、必要な情報を探し出すのに時間がかかってしまっているのである。

 これまでは、このようなムダと開発費用をてんびんにかけ、システム化を見送ってきたのだろうが、この比較されている費用はあくまでも開発を外部に委託したケースを想定しているはずだ。もし情報システム部門が簡単かつ低コストにシステムを内製できたとすればどうだろうか。

 以下では、内製によって情報システム部門がユーザー部門に提供できる価値と、効率的かつ効果的な内製を実現するための環境づくり、最適なツール選びについて検証していく。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。