新技術の実装でますます普及するオールフラッシュストレージ

 性能が低い、バックアップなどの処理に時間がかかる――。長年にわたってストレージに使われてきたHDDだが、そのI/Oが企業システムのボトルネックになるケースが増えてきた。この問題を解決できる手段として大きな注目を集めているのが「オールフラッシュストレージ」だ。機械的な稼働部分のないSSD(フラッシュメモリ)を利用することで、大幅な性能向上が可能になるからだ。

 オールフラッシュストレージの魅力はパフォーマンスだけではない。HDDに比べて壊れにくく、消費電力や発熱量が低いためランニングコストを抑えられるというメリットもある。ただし、少し前までオールフラッシュストレージは多くの企業にとって「高根の花」だった。記録容量当たりのコスト(容量単価)が、HDDに比べてはるかに高額だったからだ。

 しかし、この問題も既に解消しつつある。重複排除技術やデータ圧縮技術によって、実用量を超えるデータを格納できるようになったからだ。その効果は、データ重複の少ないデータベースでも2倍以上、VDIのようにデータ重複の多い環境であれば数倍~数十倍といわれている。オールフラッシュストレージの多くはこうしたデータ削減技術を搭載しており、これが普及を後押しするという状況になっている。

 とはいえ、オールフラッシュストレージを導入する場合、このようなデータ削減技術の効果が本当に得られるのかという不安を感じるのではないだろうか。データ削減の効果を前提にシステムを構築したにもかかわらず十分な効果が得られない場合には、容量を追加購入する必要が生じてしまう。手間や時間がかかるだけではなく、予算も大幅に超過するだろう。

 この問題を回避するためにはどうすればいいのか。その有効な解決策はデータ削減効果を「保証する」製品を選択することだ。しかも最近では「データ削減」のみならず「データ移行」や「クラウド連携」なども保証されるようになってきている。次ページ以降では最新の保証内容について見ていきたい。





Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標です。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。