「オンプレミス」か「クラウド」か――この悩みに頭を抱える企業は多い

 オンプレミスからクラウドへの急速な変化の流れは、企業にパラダイムシフトを起こした。自社でサーバやネットワーク機器を購入又はリース契約し、設置・運用するオンプレミス。クラウドが登場する以前は、ITシステムやWebサイト構築・運用時の選択肢はオンプレミスか、外部のハウジングなどが常識とされたが、今は硬直化したオンプレミス型のシステムが企業の足かせになるケースもある。

 一方で、クラウド移行への抵抗感がなくなってきていることも事実だ。

 「以前は、セキュリティなどを問題視し、クラウドへの抵抗感があった企業もありましたが、最近は経営者やIT担当者の意識も随分変わったと思います。実際クラウド移行のご相談が年々増えています」と語ってくれたのは、さくらインターネットの加藤 直人氏。

 一方で、クラウド移行をすれば「コスト削減」の恩恵が受けられる、と安易な考えで移行することの問題についても警鐘を鳴らす。

 「クラウド移行は時代の流れですし、多くのITベンダーもクラウド化を勧めます。しかし、オンプレミス・クラウドそれぞれのメリットがあり、ケースによってはオンプレミスの方がコスト的に優位なケースもあります。重要なのは、オンプレか、クラウドか、正しい状況判断をし、“最適な選択肢を見る目”を持つことです」(加藤氏)

[画像のクリックで拡大表示]

 失敗しないクラウド移行のポイントはどこにあるのか。

 本記事は、クラウド移行の成功事例からその実態に迫る。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。