設計作業が全体品質を左右する

 梱包されていない穀物、鉱石、セメントなどを輸送する「バルクキャリア(ばら積み貨物船)」の建造で世界屈指の実績を誇る大島造船所。1973年に創業を開始した、長崎県西海市に本社を置く企業だ。技術・品質の進化と船型の多様化を追求し続ける同社は、年間約40隻のバルクキャリアを建造・販売し、累計建造数は800隻を超える。自他ともに認める「世界のバルクの供給基地」である。

 世界の船主の高い要求水準に応えるため、同社はQCD向上に継続的に取り組んでいる。技術を磨き品質を高め、コストを低減し、納期の短縮化を進める。モノづくり企業にとって不変のテーマだが、造船会社がこれを実現するためには、上流工程の設計業務の効率化が欠かせないという。設計から引き渡しまで2年程度に及ぶ建造プロジェクトの中で、設計は全体の3分の2の期間を費やす重要な作業だからだ。

 造船は受注産業である。積載容量の拡大、安全性・効率性の向上に加え、近年は環境に配慮した排出規制対応も強く求められている。外観は同じ船に見えても、内部の構造や仕様は1隻ごとに様々だ。船の建造は大規模で複雑であり、小型の工業製品のように試作品を作って検証することが難しい。設計段階で解析やシミュレーションを行い、課題や懸念があれば、この段階で徹底的に潰す。建造プロジェクトの中で設計業務が大きな比重を占めるゆえんである。こうした作業の繰り返しが品質を高め、結果的に納期の短縮化につながっていくわけだ。

 こうした同社の設計作業を支えているのが、ワークステーションである。造船会社の、いわば生命線でもある重要なツールだ。同社はどのような基準でワークステーション選びを進め、「バルクの大島」のQCD向上に取り組んでいるのか。次ページ以降では、同社の設計作業の舞台裏を考察していく。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。