“モバイルPCの押しつけ”では生産性は落ちる一方。不満もくすぶる

 働き方改革の一環として、モバイルワークを積極的に取り入れるケースが増えている。モバイルPCの活用はビジネスに機動力をもたらすが、その一方で弱点もある。それは画面サイズに制約があることだ。

 画面サイズの制約は、生産性に大きな影響を与えることになる。大画面が使えれば、デスクトップ上に複数のウィンドウを同時に表示して、インターネットで情報収集を行いながら資料を作成し、並行してメールチェックを行う、といったこともスムーズに行えるが、画面が狭ければウィンドウを切り替えなければならない。

 解像度の高いモバイルPCであれば複数ウィンドウの表示も可能だが、決して快適だとはいえないだろう。字が小さすぎて見づらいため、高解像度のモバイルPCでは、画面拡大を行っているケースが一般的ではないだろうか。モバイルPCは外出先でこなす単純作業には便利だが、社内に帰ってからは生産性が落ちてしまう。実際、小さな画面に四苦八苦しながら業務を行っているビジネスパーソンは少なくないはずだ。これでは働き方改革への不満がくすぶるばかりだろう。

 このような問題を解決できるのが、外付けモニターだ。外出先からオフィスに戻った時に、モバイルPCに大画面の外付けモニターを接続するのである。これならモバイルPCの機動性を犠牲にせず、オフィス内での生産性を向上できる。

 しかし、これまでの外付けモニターには問題もあった。モニターを接続するために、PCとモニターの接続ケーブル、PCの電源ケーブル、モニターの電源ケーブルが必要だからだ。また、モニター側にUSB機器が接続されている場合には、PCとモニターをUSBケーブルでつなぐ必要があり、音声ケーブルが必要になるケースもある。これでは接続するだけで疲れてしまう。

 こうしたことから注目されているのが、USB Type-C対応のモニターの導入である。USB Type-C対応モニターに必要なのは、モニターの電源ケーブルとUSB Type-Cケーブルだけ。USBケーブル1本で映像、音声、USB、PC(※)への給電をまかなえるのだ。次ページ以降ではこれに関連したソリューションや活用方法について紹介したい。

※USB-TypeCケーブルを使った充電には、PD (Power Delivery)対応のUSB-TypeC端子を持つPCが必要です



かつてないパワーと応答性を獲得した第8世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは、セキュリティ機能を高めながら、迅速かつシームレスなパフォー マンスを実現します。



Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。