ブロックチェーン技術が注目される理由とは

 もともと仮想通貨の1つであるビットコインの取引を支える基幹技術として開発された「ブロックチェーン」。分散型台帳ともいわれるこの仕組みは汎用性が高く、金融以外の多様な用途への応用が期待されている。

 なぜ金融以外の業界もブロックチェーンに注目するのか。その理由の1つが、優れた情報共有機能だ。ファイル共有ソフトなどで使われていたP2P(ピア・ツー・ピア)ネットワーク技術をベースにしており、参加者全員が対等な立場でフラットに情報を共有できる。1つのホストコンピュータが中央集権的に情報を管理するわけではない。

 ブロックチェーンは参加者全員が取引記録などの情報を共有し、なおかつ合意形成に基づいて処理判断を下す。多くの参加者が検証できるために証跡性も高く、不正が入り込む余地は極めて少ない。ブロックチェーンがデータの改ざんや不正取引の防止に効果があるといわれるのはこのためだ。

 既に国内でも、様々な分野でブロックチェーンの活用を模索する動きが目立ってきた。特に注目されているのが貿易業務だ。貿易取引では、個社・業態ごとのシステム化は進んできているが、それぞれが独立した状態であることから、企業や業態をまたぐ情報連携はFAXや電子メールなど書面による手続きが中心。多くの人手を介して行われることが多く、貿易にかかるサプライチェーン全体の効率化の実現が求められていたという。それがブロックチェーンを活用することでどう変わるのか。以降では、エヌ・ティ・ティ・データ(以下、NTTデータ)が取り組む貿易業務への適用例を取り上げ、その実際の効果や今後の課題などを紹介する。

(取材・監修 日経BP総研 フェロー 桔梗原 富夫)

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。