なぜうまくいかない? 企業の働き方改革

 今や喫緊の経営課題の1つとして、様々な企業で取り組みが進められている働き方改革。しかし、「専任の部署を立ち上げて推進しても、なかなか社内に浸透しない」、「意識はあるものの行動が伴わない」といったことで立ち行かなくなり、悩んでいるケースも多いのではないだろうか?

 働き方改革は制度だけを整えてもうまくいかない。制度に加えて、マネージャー層を巻き込んだ意識改革、そして、いざスタートした時に業務に支障を来さず、全員がスムーズに新しい働き方に移行できるようにするための環境やツールの整備も必要不可欠だ。

 次のページからは、実際に多数の企業で見られる働き方改革の「4つのあるある失敗事例」と、それを乗り越えて、企業の生産性向上、さらには人材定着にまでつなげている、働き方改革先進企業の成功のポイントを紹介する。

図1●働き方改革でテレワークが導入されたものの・・・
テレワーク制度が実施されたのでさっそく活用しようとした部下。なぜ上司に呼び出されたのか? その実態は次のページで!

Intel Inside®
飛躍的な生産性を

ThinkPad X1 Carbon (2018年モデル)
第8世代インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載。高い性能と機動力を兼ね備えた14インチスリムモバイルPC

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。