ネットワークの入口や出口を守るセキュリティだけでなく、PCやサーバなどのエンドポイントを守るEDR(Endpoint Detection and Response)製品に注目が集まっている。すでにEDRを導入したり、導入を検討している企業も多いのではないだろうか。一方で、数多くあるEDR製品のどれを選べばよいか悩んでいるという声もよく聞く。少なからず投資を行い、安心・安全を手に入れるためには、製品選びに失敗したくないと考えるのは当然だ。

サイバーリーズン・ジャパン株式会社
カスタマーサクセス部
部長
須貝 利尚 氏

 どのような観点でEDR製品を選べば、導入を成功に導けるのだろうか。EDR製品の選定ポイントをサイバーリーズン・ジャパン株式会社 カスタマーサクセス部 部長の須貝利尚氏にうかがうと、「機能評価を行うことも重要ですが、技術や機能以外のことも考え、自社に合った導入と導入後の運用をしっかりと計画して、セキュリティを確保した後のビジネスのことまで視野に入れていくことが重要です」という答えが返ってきた。詳しい内容を本記事で紐解いていく。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。