システム化を見送った業務が成長の足かせに

 AIやIoTといったデジタル技術の活用に大きな注目が集まっている。確かに、これらの技術は企業に新しい競争力をもたらす可能性がある。しかし、新しい技術にばかり目を向けて、基幹システム、およびその領域の既存業務の問題は棚上げにしたままでよいのだろうか。いくらAIやIoTを活用して新しいサービスを生み出せたとしても、既存の業務がなくなるわけではない。むしろ、大きな非効率さを内在している業務を効率化していかなければ、現場は新しい技術の活用に割く余力を生み出せない。

 例えば、問い合わせ管理や顧客管理、案件管理、契約管理、報告書・見積書作成などの業務はシステム化されておらず、現場が独自に作成したExcelなどで管理されていることが非常に多い。ベースとなる顧客情報などが必要な場合は、担当者が情報システム部門に依頼して基幹システムから抽出してもらい、それをExcelに投入して処理していることも少なくないようだ。

 背景の1つには、基幹システムの改修には期間も費用もかかるため、変更が加わることも多いこれらの業務向けの機能を実装させるのが困難という事情があるわけだが、そうして作成されたExcelは、それぞれの担当者が自分の使いやすいようにフォーマットを作成し、思い思いの処理を行ってしまっている。結果、業務の属人化が進み、情報を共有することが困難、後任に引き継ぐことすらままならないという問題に直面している。

 情報システム部門も問題は認識しており、課題は感じているものの、日々の業務に忙殺される中で、問題の解消に向けた有効な施策を立案できずにいるようだ。

 では、この状況は、ただ見過ごし続けるしかないのか。そんなことはない。以下では、損保ジャパン日本興亜DC証券の事例も交えて、解決に向けた道筋を見ていこう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。