「KDDI IoTクラウド 〜Pocket GPS〜」の提供開始

〜大切なヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化〜

 

 KDDIは、大切なヒトやモノの現在位置や移動経路を見える化することを目的とした、IoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜Pocket GPS〜」を2019年7月29日より提供開始します。

 生産性の最適化、エネルギー消費の最適化をはじめとして、多岐に及ぶ分野に対しIoTの投資が進んでいます。「KDDI IoTクラウド 〜Pocket GPS〜」は、ヒト観点の見守りだけではなく、モノ観点でのトラッキングが可能な、「SORACOM Air for セルラー plan-KM1 (LPWA)」に対応した位置情報サービスです。LTE-Mに対応していることにより、低コスト、低消費電力化を実現し、全国のLTE-Mエリア内で利用可能です。

 Pocket GPS端末は、電源ボタンと通知ボタンだけのシンプルな設計で容易に利用可能です。SOSボタンの緊急通知や電池残量低下通知にも対応しており、1回のフル充電で約7日間の連続使用 (10分間隔12時間測位時) ができます。

 スマートフォンの専用アプリから、Pocket GPS端末の現在位置情報や移動経路履歴の表示が可能で、あらかじめ設定したエリアの入出時にPocket GPS端末にPUSH通知するジオフェンス機能を備えています。

 また、法人のお客さま向けに端末情報の閲覧や設定が可能な管理コンソールを用意しており、ご利用中のPocket GPS端末を一元管理できます。さらに、ウェブAPIによる外部システムと連携機能を用いて、位置データを利活用することも可能です。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

 詳細は、別紙をご参照ください。

 ・KDDI IoTクラウド 〜Pocket GPS〜

  http://www.kddi.com/business/mobile/m2m-solution/iot-cloud-pocketgps/

 ・別紙:「KDDI IoTクラウド 〜Pocket GPS〜」の提供開始

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512628_01.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512628_02.pdf