IBM Cloudの西日本初となるネットワーク接続拠点を大阪に開設

IBM Cloud データ・センターとの低遅延、セキュアかつ信頼性の高い閉域接続により、西日本のお客様のクラウド活用を支援

 

 日本IBMは、IBM Cloudの西日本初となるネットワーク接続拠点(PoP:Point of Presence)を大阪に開設しました。新たに開設した接続拠点では、西日本のお客様を対象に、お客様の社内ネットワークとIBM Cloudのプライベート・ネットワーク間を閉域接続するサービス「IBM Cloud Direct Link(アイ・ビー・エム・クラウド・ダイレクト・リンク)」を提供します。

 新たな接続拠点は、世界で60以上のデータ・センターと40以上の接続拠点で構成されるIBM Cloud インフラストラクチャーを拡充するものであり、日本国内で3番目の接続拠点として、西日本のお客様のハイブリッド・クラウド活用を支援します。西日本のお客様は、IBM Cloudのプライベート・ネットワークへの閉域接続がこれまで以上に容易になるとともに、お客様のデータ・センターからIBM Cloudの接続拠点までの距離が短縮化されたことで、より安価に実現できます。

 IBM Cloud Direct Linkは、公衆インターネット網を介さずに、お客様のデータ・センターと世界中のIBM Cloud データセンター間を、低遅延かつセキュアで、信頼性の高いデータ転送を行うために閉域接続するもので、含まれる主なサービスは以下の通りです。

  ・「IBM Cloud Direct Link Exchange(エクスチェンジ)」:データ・センター事業会社が提供するエクスチェンジ・サービスを経由するため、データ・センター内でのマルチ・クラウドの接続に最適なサービスです。

  ・「IBM Cloud Direct Link Connect(コネクト)」:通信会社が提供するネットワーク・サービスを利用するため、通信回線を通じたマルチ・クラウドの接続に最適なサービスです。

  ・「IBM Cloud Direct Link Dedicated(デディケイティッド)」:接続拠点における専有ポートによる専用線で相互接続するサービスです。ポート速度は最大10Gbpsを選択することができ、大容量データ通信や高速通信などのイントラネットの延伸としての利用に最適です。

 国内ではこれまで東京リージョン内の2か所の接続拠点からIBM Cloud Direct Linkを提供してきました。新たな接続拠点は、エクイニクスIBXデータセンターOS1(大阪)内に設置されており、IBM Cloud Direct Link Dedicatedの提供を開始します。また、エクイニクス・ジャパン株式会社からIBM Cloud Direct Link Exchangeが今後1か月以内に提供開始される予定です。さらに、ソフトバンク株式会社および株式会社TOKAIコミュニケーションズからIBM Cloud Direct Link Connectが提供される予定です。

 エクイニクス・ジャパン株式会社の代表取締役 古田 敬氏は次のように述べています。「国内第二の都市圏である大阪において、IBM Cloudへの直接接続ポイントをエクイニクスIBXデータセンターOS1で提供できることを光栄に思います。デジタルビジネスの基盤構築においてIBM Cloudの選択肢が増えることにより、企業はさらに柔軟で最適なハイブリッド・マルチクラウド環境の実現が可能となります。大阪の地において、IBM Cloudをはじめとするクラウドサービスへの直接接続、また企業同士のインターコネクション(相互接続)の拡大によりデジタルビジネスのエコシステムが形成されることで、大阪経済のさらなる国際化と発展の一助となれることを期待しております」

○IBM Cloud Direct Linkについて

 詳しくは https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/direct-link をご覧ください。