中小企業・SOHOのお客さま向けサポート付きクラウドPCサービス「おまかせデータレスPC」の提供について

〜Windows7からのパソコン更改で働き方改革とBCP対策〜

 ■NTT東日本は、中小企業・SOHOのお客さまに向けたサポート付きクラウドPCサービス「おまかせデータレスPC」(以下、本サービス)を2019年6月24日(月)に提供いたします。

 ■本サービスは、ローカルドライブにデータを残さないデータレス機能を備えたレンタルPCを初期費用不要で利用ができ、インターネット環境があれば社内・外出先など場所を問わずにデータを安全に扱えます。また、PCへMicrosoft Office 365 Business、ウイルス対策ソフトなどをインストールし、初期設定をした状態でお客さまへお届けし、導入後には利用方法などのお困りごとをヘルプデスクでサポートします。

 

1.背景・目的

 日本マイクロソフト株式会社からWindows7のサポートが2020年1月14日(火)に終了すると発表されており(※1)、企業で保有しているPCのWindows 10への更改が進んでいます。また、ICTを活用し、生産性、業務効率化に向けた働き方改革やBCP対策について、総務省がテレワーク環境の導入を促進しており、PCを社外へ持ち出して利用する際の情報漏えいのリスク対策も企業にとって急務となっています。しかしながら、情報システムの専任者がいない、または1人しかおらず、IT環境の整備が難しい中小企業・SOHOのお客さまからは、導入時の手間や負担がなくPCを更改したい、導入後のサポートまで一括で実施してほしいというニーズをいただいておりました。

 一方、昨今様々な業界で初期費用が不要で、月額制で気軽にサービスを利用できるサブスクリプション型のサービスが増加傾向にあります。

 そこで、NTT東日本では中小企業・SOHOのお客さま向けに、セキュアで手軽にPCを利用でき、月額利用料のみで導入いただける本サービスを2019年6月24日(月)より新たに提供いたします。

 ※1出典:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4057281/windows-7-support-will-end-on-january-14-2020

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512442_01.pdf