凸版印刷、横浜駅の案内業務にAIを活用

JR東日本「モビリティ変革コンソーシアム」の実証実験に参加

AIとバーチャルキャラクターを組み合わせた駅案内の有用性を検証

 

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)はチャットボット搭載のデジタルサイネージと、バーチャルキャラクターを活用した遠隔対話機能を組み合わせた多言語AIサイネージ「BotFriends(R) Vision(ぼっとふれんず ビジョン)」を開発。2019年8月5日〜2019年11月10日にJR横浜駅へ設置し、コミュニケーションAIとバーチャルキャラクターを通じた遠隔案内の有用性検証を実施します。

 なお本実証実験は、凸版印刷の参画する東日本旅客鉄道株式会社(以下:JR東日本)が設立した「モビリティ変革コンソーシアム」における「案内 AI みんなで育てようプロジェクト(フェーズ2)」共同実証実験の一環として実施されます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■背景

 「モビリティ変革コンソーシアム」は、交通事業者や国内外のメーカー、大学・研究機関、行政機関など、多くの関係者が参画し、様々な社会課題の解決や次代の公共交通について、オープンイノベーションでモビリティ変革を実現する場としてJR東日本が設立しました。凸版印刷は2017年11月より本コンソーシアムに参画しており、2018年11月に実施された共同実証実験において「BotFriends(R) Vision」をJR東京駅に設置。コミュニケーションAIによる、駅および商業施設における案内業務の有用性検証を行いました。

 今回の共同実証実験「案内 AI みんなで育てようプロジェクト(フェーズ 2)」は「ラグビーワールドカップ 2019(TM)日本大会」の期間と重なり、さらに1年後には「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催が控えているため、前回以上に訪日外国人旅行者を意識した実証を共同で実施します。

 それを踏まえ凸版印刷は、「BotFriends(R) Vision」にバーチャルキャラクターを活用した遠隔案内機能を今回新しく追加。JR横浜駅に2台設置し、コミュニケーションAIによる多言語自動案内と、バーチャルキャラクターを通じた対人コミュニケーションの組み合わせの有用性を検証します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512325_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512325_02.pdf