データ連携/EDI基盤「ACMSシリーズ」、サブスクリプションモデルでの販売を開始

〜イニシャルコストを抑え、より充実したサポートサービスを提供〜

 

 株式会社データ・アプリケーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:武田 好修、略称:DAL、JASDAQ:3848)は、ACMSシリーズのライセンス体系に、従来からの買取モデルに加え、月額料金で利用できるサブスクリプションモデル(以下、サブスクリプション)を追加し、2019年10月1日より販売開始します。対象となるのは、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」、B2B サーバ「ACMS B2B」と動作環境をWindowsに限定した「ACMS B2B LE」の3製品です。

 クラウドの普及に伴いACMSシリーズの導入環境にクラウドが選択されることが増え、また、サービスプロバイダーでの採用が増加、さらに、イニシャルコストを軽減し、維持・運用コスト(ランニングコスト)で賄うことができるメリットがあることから、サブスクリプションを販売することになりました。ACMSシリーズのサブスクリプションの主な特長は以下の通りです。

1.イニシャルコストなし、利用期間にあわせた料金体系

 1ヶ月単位で更新可能な、利用期間に応じた料金体系を提供します(初年度は1年契約が必要)。

2.長期サポートに加え、電話によるサポートサービスも提供

 保守期間に応じて、2種類のサブスクリプションをご用意します。サブスクリプションにはサポート料金が含まれますので、別途サポート契約を結ぶ必要はありません。標準のサブスクリプションでは、従来通常サポート終了後には追加料金が必要だった延長サポート期間も、追加料金は不要となります。より長期のサポートが必要なお客様向けには、通常サポート+5年間の保守サービスが提供される長期サポート付きサブスクリプションも選択可能です。

 (1)標準のサブスクリプション:買取モデルの通常サポート期間+2年間

 (2)長期サポート付きのサブスクリプション:買取モデルの通常サポート期間+5年間

【長期サポートのイメージ】

 ※添付の関連資料を参照

 また、買取モデルのサポートにはない電話での問い合わせを追加しています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

長期サポートのイメージ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512309_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512309_02.pdf