UiPath社、SAPシステムにおけるマスタデータ登録作業を効率化・最適化する共通部品を提供開始

各種マスタデータを登録するためのワークフロー開発を効率化するSAP(R) ERPおよびSAP S/4HANA(R)向け共通部品

 

 東京発 2019年6月17日−ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、SAP(R) ERPおよびSAP S/4HANA(R)ユーザー向けに、マスタデータ登録作業を効率化・最適化する共通部品「Master Data Create Components(マスタデータ登録用コンポーネント)」を「UiPath Go!」( https://go.uipath.com/ )で提供開始しました。

 「Master Data Create Components」では、以下の2つのパターンでデータ登録を支援します。

(1) 画面遷移、登録を自動化するGUIベースの登録用ワークフロー

 各ユーザーの環境設定に応じて、異なる画面構成、遷移等になるため、標準的な動作、項目入力を中心のワークフローのテンプレートを提供します。本テンプレートに、各ユーザーに固有の項目設定やエラーチェックといった機能などを追加/変更することで、SAP システムの多様な動作への対応が可能になり、大幅な開発工数削減を実現します。

(2) BAPIを使用しAPIをコールしてマスタ登録するワークフロー

 UiPath製品として提供済みの「UiPath.SAP.BAPI.Activities.2.1」を使用して、SAP ERPおよびSAP S/4HANAに標準機能として用意されているBAPI(ビジネス・アプリケーション・プログラム・インターフェース)を呼び出すことで、マスタ登録(複数ヘッダおよび複数明細の登録も可能)を行い、安定したデータ登録が可能になるワークフローおよび、登録用のデータファイルを提供します。このワークフローを利用することで、従来のアドオン開発が不要になります。

 「Master Data Create Components」は、品目マスタ、ビジネスパートナ、得意先/仕入先マスタ、勘定コードマスタ、原価センタ、利益センタなど、国内ユーザーから要望の多かったマスタを中心に提供を開始します。今後、国内および海外のユーザーの要望に合わせ、新たなマスタデータ登録および主要モジュールで頻繁に利用するトランザクションデータに対する処理機能などもパッケージ化し、2019年中に順次提供開始する予定です。

 「Master Data Create Components」は、UiPathユーザーに無償提供します。UiPath社は、これらの共通部品がSAPユーザーの業務の効率化だけにとどまらず、SAP S/4HANAへの移行作業の軽減、アドオン機能開発削減にも役立つツールとなるよう、さらなる開発に取り組んでいきます。

 なお、「Master Data Create Components」は、2019年6月18日に開催する『UiPathForward OSAKA 2019』( https://uipath-event.info/OSAKA2019/ )にて展示およびデモを行います。

以上

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512179_01.pdf