UiPath社、RPA導入対象業務の選定を効率化・高速化するためのプロセスマイニングサービス「RPA スカウトサービス」を提供開始

RPA導入前に、対象業務の自動化率、作業数、作業時間を定量的に可視化

 

 東京発 2019年6月13日−ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、プロセスマイニング技術(※)を取り入れ、RPA導入対象業務の選定を効率化・高速化するためのサービス「RPAスカウトサービス」の提供を開始しました。

 ※業務システムのログデータをもとに、業務プロセスを可視化し、分析可能とする手法やツール。

 UiPath社が提供する「RPA スカウトサービス」は、RPA導入における導入対象業務の選定を支援するサービスです。同サービスを利用することで、各作業の自動化率、作業数、作業時間を明確に数値化して可視化し、RPAの導入効果が高い潜在的な作業を発見することが容易になります。具体的には、ERPの世界的なリーディングカンパニーであるSAP社のソフトウェアから取得できる各種ログデータを対象に、プロセスマイニングソフトウェアの世界的なリーディングカンパニーであるCelonis社のサービスを活用したSAPアプリケーションのSAP(R) Process Mining by CelonisのRPA導入検討に最適な機能を用いて可視化・分析のサービスを提供します。

 従来、RPA導入業務の選定では、各部門へのヒアリング等に多くの工数を要してしまうことが少なくありません。また、これらの作業から導き出される結果は、各業務担当者からのヒアリングを通じた定性的なものであり、自動化に向けた業務内容の具体的な評価は、担当者の経験等に依存し、ばらつきのあるものとなる場合が多くあります。今回提供を開始した「RPA スカウトサービス」では、SAPのシステムからシステムログを取得し、このログデータを分析環境へアップロードすることで、定量的な結果をスピーディーに確認することが可能です。また、SAP Process Mining by Celonisのフル機能をユーザー自身で利用するために、SAPジャパン株式会社とも連携をして共通のお客様の業務改革支援を推進します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511978_01.pdf