AI、VR市場向けワークステーションを発表

 

 株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史、以下「日本HP」)は、AIやVR用途に対応する高機能なワークステーションの新製品を発表します。新製品は、性能とセキュリティ機能を向上したモバイルワークステーション「HP ZBook 15 G6 Mobile Workstation」と「HP ZBook 17 G6 Mobile Workstation」、最新のCPUを搭載したデスクトップワークステーション「HP Z」シリーズ、バックパック型VRソリューション「HP VR Backpack G2」および、高解像度で鮮明な映像を実現するVRヘッドセット「HP Reverb Virtual Reality Headsetプロフェッショナルエディション」です。

 豊富なラインアップと信頼性を持ち、業界をリードするHPのワークステーションは、新たにAIの開発や運用に最適な製品がラインアップに加わることで、無人店舗や医療、製造現場など新しいテクノロジーの活用が進む分野でのデジタルトランスフォーメーションを後押しします。

〈モバイルワークステーション「HP ZBook 15 G6」と「HP ZBook 17 G6」〉

 「HP ZBook」はノートPCの機動性にデスクトップPCと同等の性能やパワーを備えます。

 新製品となる「HP ZBook 15 G6 Mobile Workstation」は第9世代インテル(R) Core(TM)プロセッサー、最大128GB大容量メモリ、次世代NVIDIA(R) Quadro(R) RTXグラフィックスを搭載し、15インチ型でありながらAIやVR、3D CADなどの幅広い用途で快適な動作を実現します。17インチ型「HP ZBook 17 G6 Mobile Workstation」はNVIDIA Quadro RTX 5000グラフィックスを搭載でき、高度なレイトレーシングレンダリング、AI、ディープラーニング、VRに最適なパフォーマンスを提供します。また、最上位モデルには4K高解像度、広色域DCI-P3 100%の高性能ディスプレイを搭載し、クリエイティブワークに必要な正確な色表示を可能にします。

 新製品にはディープラーニングAIを活用したマルウェア防御の新機能「HP Sure Sense」のほか、HPの豊富なセキュリティ機能を搭載します。また、両モデルとも次世代無線LAN Wi-Fi 6を搭載し、高速かつ安定したスループットを実現します。

 ○製品名:HP ZBook 15 G6 Mobile Workstation

 ・HP Directplus価格(税抜):268,000円〜

 ・販売開始日:8月中旬

 ○製品名:HP ZBook 17 G6 Mobile Workstation

 ・HP Directplus価格(税抜):318,000円〜

 ・販売開始日:8月中旬

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511975_01.pdf