TIS、運用自動化で企業のクラウドシフトを実現する「次世代統合運用管理基盤」を提供開始

〜クラウドネイティブなシステム運用サービスのプラットフォームにAWSを採用〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、クラウドの運用管理を自動化し、運用負荷の軽減と運用品質の向上をすることで、ビジネスのスピードアップと企業のクラウドシフトを実現するプラットフォームとして「次世代統合運用管理基盤」( https://www.tis.jp/service_solution/next_operation_management/ )を提供することを発表します。

 TISは、クラウドネイティブな本プラットフォームの提供を、まずはアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)上で開始し、今後は他のクラウドサービスでも展開していく予定です。

 TISでは、300件以上のAWS導入のノウハウをサービス化した「エンタープライズ・クラウド運用サービス」を提供してきました。「次世代統合運用管理基盤」( https://www.tis.jp/service_solution/next_operation_management/ )は、それらの運用サービスを支えるプラットフォームの機能を拡張し自動化を取り入れることで、サーバレス化やコンテナ活用を前提としたクラウドネイティブなシステムの運用管理を可能とするプラットフォームです。

 「コード管理による自動デプロイ・自動リリースの実現」「疎結合な接続による迅速なシステムの受け入れ」「スケールする運用&セキュリティサービス基盤」などの特長を持ち、企業のスムーズなクラウドシフトの実現を支援します。

■「次世代統合運用管理基盤」の位置づけ

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 TISは、本プラットフォームを、Society5.0(※1)の実現に向けて、セキュリティ・バイ・デザイン(※2)をスピーディに実現するために展開する「エンタープライズ・クラウド&セキュリティ運用サービス」の主要なコンポーネントとして提供し、クラウドシフト実現の課題となる「ビジネススピードと運用品質・セキュリティの両立」の実現を支援します。

 TISでは、「次世代統合運用管理基盤」を本格的なDevSecOpsやクラウドネイティブなアプリケーションの活用を検討している大規模システムを持つ企業を中心に提供していき、2022年までに50社への導入を目指します。

  ※1 Society5.0:内閣府が提唱する、狩猟社会(Society1.0)、農耕社会(Society2.0)、工業社会(Society3.0)、情報社会(Society4.0)に続く、新たな社会を指すもの。サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)を指す。

  ※2 セキュリティ・バイ・デザイン:内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)を中心に提唱する「情報セキュリティを企画・設計段階から確保するための方策」。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511909_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511909_02.pdf