NTTコムウェア、国内初Red Hat OpenShiftによる

コンテナベースのクラウドサービス「SmartCloud(R) Duo」の提供開始

 

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下NTTコムウェア)は開発から商用環境までシームレスにDevOpsサイクルを実現するコンテナ対応のクラウドサービス「SmartCloud(R) Duo」の提供を6月10日より開始しました。

1.背景

 2017年11月より提供を開始した開発環境クラウド「DevaaS(R) 2.0」は、企業のDevOps化を推進するコンテナベースの統合開発環境として多くの開発者に利用されてきましたが、このたび、開発環境とシームレスに連携可能な商用環境「SmartCloud(R) Duo」の提供を開始しました。

 「SmartCloud(R) Duo」は、レッドハット社との協業のもと、Webポータルに必要最小限の情報を入力することでRed Hat OpenShiftを自動的に展開することを可能としました。これにより、お客さまはコンテナ化されたアプリケーションのレプリケーションやオートスケール、リソースクォータといったコンテナ運用に必要なコンテナオーケストレーション機能を即時に利用できます。お客さまは、クラウドネイティブなアプリケーション運用基盤として、「SmartCloud(R) Duo」を活用することでDevOpsをさらに推進させ、企業競争力の向上を図ることが可能となります。

 ※図1は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511726_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511726_02.pdf