楽天、パフォーマンス広告配信プラットフォーム「RMP - AdRoll」において楽天グループサービスとの連携を開始

- 消費行動分析データに基づいたリターゲティング広告のセグメント配信が可能に -

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は本日、提供するパフォーマンス広告配信プラットフォーム「RMP - AdRoll」において、楽天グループサービスとの連携を開始しました。

 「RMP - AdRoll」は、リターゲティング広告をはじめとするパフォーマンス広告の配信プラットフォームです。今回、「RMP - AdRoll」と楽天グループサービスとの連携を開始したことにより、これまでも配信が可能であった楽天IDに基づく閲覧行動分析データを活用したリターゲティング広告に加えて、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」や総合旅行予約サービス「楽天トラベル」など楽天グループサービスにおける消費行動分析データに基づいたターゲットセグメント(配信対象となる層)を広告主が設定し、リターゲティング広告等の配信に利用できるようになります。これにより、すでにその商品を購入している層に対する二重の広告配信などを削減することができ、より効率的なマーケティング活動を実施することができます。また、新たに動画形式のリターゲティング広告も提供を開始したことにより、広告主となる企業は、動画広告の形式でターゲットセグメント配信を行うことも可能になります。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 楽天は2018年10月、パフォーマンス広告をグローバルで提供する米国AdRoll Groupと共同で楽天アドロール株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長:有馬 誠、代表取締役社長:香村 竜一郎、以下「楽天アドロール」)を設立しました。同年11月の営業開始以来、楽天と楽天アドロールは様々な形で取り組みを進めており、今回の連携開始により、「RMP - AdRoll」はより統合されたパフォーマンス広告プラットフォームになります。

 楽天は今後も、「RMP - AdRoll」をはじめとする様々な広告サービスの提供を通じて、新たなマーケティング手法を開拓してまいります。

■「RMP - AdRoll」について

 ○URL: https://adsales.rakuten.co.jp/products/basics/#adroll

 ○概要: 楽天のグループサービスにおける消費行動分析データを活用した、パフォーマンス広告配信プラットフォーム

 ○特長:

  ・1億以上の楽天IDに基づいたクロスデバイスでのリターゲティング広告等の配信

  ・楽天グループサービスにおける消費行動分析データに基づくターゲットセグメントによるリターゲティング広告等の配信

以上

 ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511707_01.png